2型糖尿病の治療の際に処方される薬剤のランキング

メトグルコやジャヌビアが1位、2位で使われる薬ですが、注意すべき点も多い薬です。食事療法や運動療法を行っても効果が薄い方に処方されます。

糖尿病の薬に関するQ&A

薬を飲み忘れたらどうしたらいいですか

薬によって異なるため、事前に処方してくれた医師に確認しましょう。自己判断でまとめて飲んではいけません。

インスリン注射は必要ですか

経口薬で血糖値が下がらない場合はインスリン注射も必要となります。すい臓の働きが回復すれば、ただしインスリン注射は終わる可能性があります。

薬は一生飲まなければなりませんか

血糖値が安定してきたら投薬治療も終了して様子見となります。運動療法や食事療法のみの治療になるので根気よく続けましょう。

低血糖を起こすことはありますか

その日の体調によって同じ種類、同じ量の薬でも低血糖を起こすことがあります。低血糖の症状が出たらブドウ糖を摂取しましょう。

飲み合わせの悪い薬はありますか

市販の風邪薬や胃薬程度なら問題ありません別の処方薬がある場合、医師と相談するほうが安全です。

どのようなクリニックを選ぶか

医者と看護師

現代人は、糖尿病になる人が増えてきています。この理由の1つは、食べ物に問題があると言えるでしょう。炭水化物の取りすぎの状態や糖質を取りすぎている場合は血糖値が高くなりやがて糖尿病になるわけです。この病気は、なかなか治らない病気とされており一度患ってしまうとこれを抑えるしか方法はありません。抑える方法の1つは、病院等に行き薬で抑えるわけです。病院によっては、薬ばかりを処方するところもありますが、果たしてそれが患者のためになっているかどうかはまた別の話です。場合によっては、その方がお金儲けをすることができるためたくさん薬を出しているケースもあるため、事前に評判などを調べておきましょう。しっかりとしたところに治療をお願いすれば、安心して任せることができます。

通っているからといって安心しない

入院患者

糖尿病は、命まで落とすケースは少ないものの、生活に支障をきたすことが少なくありません。例えば、状態が悪くなると透析等をしなければならなくなります。腎臓病の透析に比べると糖尿病患者の透析数はそこまで多くはありませんが、1度透析をすると長生きできなくなります。そのため、薬をもらいながら治療をしても、常に運動する努力やカロリーを減らす努力は怠らないようにしましょう。継続的に治療を続けることで、かなり状態を良くすることは可能です。