HOME>オススメ情報>脳腫瘍の治療中に違和感を感じたらすぐに医師の診察を受ける

脳腫瘍治療の薬の種類

メニレットやイソバイドにはイソソルビルドが含まれており脳圧を下げてくれます。アバスチンは腫瘍血管が増えることを妨害してくれます。

脳腫瘍の治療後に起きやすい後遺症

手足に麻痺が残ることがある

運動をつかさどる部分に近いところに腫瘍ができると、運動機能に支障をきたします。

言葉がうまく出てこなくなる

言語中枢に腫瘍ができると、術後に言葉がスムーズに出てこなくなることがあります。

けいれんの発作を起こす

繰り返すとてんかんとなるため、抗てんかん薬を使って治療します。

強度の頭痛や吐き気を引き起こす

場合によっては再手術も必要となる症状なので、すぐに病院へ行きましょう。

放射線治療による副作用がある

放射線治療を行った場合、皮膚炎、脱毛などの副作用が出ることがあります。

生活スタイルの変化でもたらされる怖い病気

診察室

日本人の生活習慣は近年大きく様変わりしました。特に食生活は激変し、便利な時代になっています。スーパーではお惣菜、コンビニエンスストアではお弁当を購入することが出来るので、仕事で忙しくても食事に困ることはありません。しかし便利な生活の享受の一方で、脳腫瘍などの怖い病気や生活習慣病などが深刻な社会問題にもなっています。弁当や総菜など塩分過多で加工食品が多く含まれた食事を常用すると、こうした様々な病気をもたらすようになります。脳腫瘍や生活習慣病の治療には薬などを長期間に飲む必要もあり、生活自体に支障をきたすようになるのは言うまでもありません。糖尿病などになると、一生薬を用いて完治することはありません。

なかでも怖い脳の病気について

医者と患者

なかでも脳腫瘍という病気は特に怖い病気です。脳に腫瘍があると視神経や運動の神経にも関連し、全身に様々な弊害をもたらすからです。治療は主に腫瘍の摘出を主眼に置かれます。通常は鼻から内視鏡を入れて摘出しますが、悪性のグリオーマであると開頭手術が必要になります。軽度の場合は薬で腫瘍を散らしたり、放射線治療もあります。

生活変化で誘発される病気ととても怖い病気

医者と患者

便利な食生活の享受の一方で脳腫瘍をはじめ生活習慣病が問題になっています。塩分過多な食事だと様々な病気をもたします。脳腫瘍や生活習慣病の治療には薬などを長期間に飲む必要もあります。脳腫瘍は特に怖い病気で視神経や運動の神経にも関連し様々な弊害をもたらします。治療は主に腫瘍の摘出を主眼に置かれます。通常は鼻から内視鏡を入れて摘出しますが、悪性は開頭手術が必要です。軽度では薬で散らしたり放射線治療します。